リフォームの依頼先

あなたは住宅リフォームを依頼するとしたら、誰にお願いしますか? また、何を基準に業者を選びますか? 今回のテーマは“選定の理由”です。
イラスト
稲 垣
先日、某建築専門雑誌の中でここ1年以内にリフォームをした、あるいはリフォームをしたいという一般の方のアンケートが掲載されていました。その中でものすごく意外だったと同時に、もちろん僕も含めて地元の建築屋は猛省しなきゃいけないなあと思ったアンケート結果があります。その内容は『リフォーム業者を選定した理由』なんですけどね。
編集部
どんな内容ですか? ネームバリューだけで選定しているとか?
稲 垣
ある意味そうなのかもしれませんね。依頼先の多くは大手ハウスメーカーのリフォーム部門だったり、リフォーム専門業者だったり、特に都市圏ではホームセンターへ依頼という方の割合が多い。別に僕はリフォーム専門業者やホームセンターへ依頼するのが間違っていると言いたいわけではないのですが、そういったところへリフォーム工事の依頼をした理由が問題なんです。
編集部
そういったところは価格が安いとは到底思えないし……何ですか?
稲 垣
それを読んだとき、僕はすごくショックを受けたのですが、業者選定の理由は『どこに依頼したらいいのかわからないから』というのがトップなんですね。要するにリフォーム工事をしたいけれどどこに頼んでいいかわからないから、テレビCMや新聞チラシなどで目にする機会の多い大手やリフォーム専門業者、ホームセンターに依頼したっていう内容なんですよ。これって僕らにとってはものすごくショッキングなアンケート結果なんです。
編集部
もともと新築したときの業者は選択肢の中に入らないっていうことですか? でもそれなら稲垣さんみたいな地元業者だけでなく、ハウスメーカーも選択肢から漏れているってことになりません?
稲 垣
確かにハウスメーカーで新築された方でも「リフォームをどこに頼んでいいのかわからない」という方は多いのでしょうね。けれど僕が、僕を含めた地元業者が猛省しなきゃならないなと思うのはそこではなくて、「どこに依頼していいかわからない」というところ。依頼先がわからないと言っている方の町内やご近所にも地元の建築屋や大工さんは必ず居られると思うんですね。まあ、首都圏などで下町以外の都会のマンションのリフォームなんて場合は、近所の大工さんすらわからないだろうから仕方のないことなのかもしれませんが。なんか淋しいなあと思うと同時に、“出入りの大工さん”なんて言葉を過去のものにしてしまったのは一般の方々より、むしろ地元の業者側に責任があるのではないかと思うのです。
編集部
僕の実家は田舎なのでまだ近所の大工さん、近所の棟梁なんて呼び方が残ってますけど、言われてみれば確かにそう言う面はあるのかもしれないですね。大袈裟に言えば地域のコミュニティが崩壊していると言うか……。僕は仕事柄、建築屋さんの知り合いも少なくないですし、何年もこうして稲垣さんと話しているわけですからまったくのド素人だとは思いたくないのですが、それでも「依頼先がわからない」と思われる一般の方々の気持ちもわかります。
稲 垣
 その、一般の方々の気持ちを僕も立場を代えて考えてみました。間違っていたら指摘してくださいね。まずは地元の建築業者は敷居が高いのかなと思います。その敷居の高さは業者の会社規模と反比例するのではないかと。会社規模が小さければ小さいほど、地域に密着していればしているほど敷居が高くなってしまうのではないでしょうか? 価格などで折り合いが付かなかった場合を考えると断りづらいから。そう考えると僕自身も、例えば家電製品なんかを買うときには近所の電気屋さんより大きな家電量販店に行きます。それは、無理を言ってもある程度は平気そうだし、万が一購入しないことになっても後腐れがないから。先ほど編集さんが言われた地域コミュニティの崩壊ということと、もしかしたら逆のことなのかもしれませんが、まだギリギリの状態でコミュニティというか、ご近所付き合いというのが成立していて、それを自ら壊したくないという気持ちもあるんじゃないかなあ?相談や見積りを依頼しても断れない。もしかしたら断らざるを得ない状況になった時に断りにくいのなら、最初から『断りやすい』業者のみを選択する。的外れですか?
編集部
一理あると思いますし、実際そういった考え方は多いと思います。たぶん僕もそう考えると思う。けれどそれだけではなくて、僕からしたらやはりセンスや提案力が不安なんですよ。ああ、もちろん稲垣さんなら少しの不安もないし、地元業者でも不安の残らない業者さんもたくさんあるんでしょうけれど、やはり安い買い物ではないので不安だからネームバリューがあるところにしておけばひとまず安心と考えるんだと思います。
稲 垣
そうかぁ……。センスや、もちろん価格も含めて不安に思うから露出度の多い業者が選択されていくわけですね。やっぱり猛省しなきゃですね。地元の建築業者は僕も含めて決して敷居が高いわけじゃないし、価格も高いわけじゃないし、それぞれの会社の提案と主義主張もある。ただ、足りないのはそれを知ってもらう努力を怠っていたということですね。ああ、誤解しないでください。地元業者が全部猛省しなきゃならないってことではないです。告知活動をしっかりされている業者さんもたくさんあるでしょう。けれど僕はその部分は怠っていたなあと思います。本当はリフォームなんて新築した業者がお手伝いするのがベストなんです。見えない所のことまで解っているんですから。  でも、いろんな事情でそうもできないなら、敷居なんてまったく高くないからご近所の建築屋、大工さんにご相談してみてください。先ほどの僕の話、「近所の電気屋さんより家電量販店に行く」という話に続きがあります。僕が家造りをお手伝いしたあるお客様は、家電製品を近所の本当に小さな電気屋さんから購入されました。価格を聞いたら正直安くはありませんでした。けれどそのお客様はこう言われました。『私ら歳だから家電製品の使い方なんか覚えられない。そんな時あの電気屋さんは使い方の説明だけをしに来てくれるし、お願いすれば電球一個届けてくれる。だから電気製品はあそこ』……と。  地域コミュニティは崩壊していない。僕らが目指さなきゃならないのはきっとそこにあるんだと思っています。