住まいは夏を旨とすべし〜間取り編〜

「住まいは夏を旨とすべし〜断熱編」を書いた直後に中越大震災が発生したため、予告していた「間取り編」が頓挫していましたので今回はその話を。ただ、間取りを語る上でどうしても耐震性の話が出てきてしまいます。地震の話はできれば触れたくないのですがどうかご容赦ください。
イラスト

家族の中の風通し

前回「断熱編」の時にもご説明した通 り、「住まいは夏を旨とすべし」とは 鎌倉時代、吉田兼好が「徒然草」の中で記した文言です。
「人の住まいは夏に重心を置いて考えなさい」と解釈されています。
 では間取りを考えていく上での「夏を旨とすべし」とはどう解釈したら良いのでしょうか?
夏の暑さ対策のみを考えた場合、軒の出を深くして真上から照りつける日の光を遮り、風が通 るように開口部を大きく、たくさんとり、昼間も夜も窓を全開で住まうことができれば、おそらく現代においても冷房は不要でしょう。
けれど現代ではプライバシーの保護という観点や物騒な世の中ですのでそんな生活もできません。
 軒の出を多くとるのは積雪荷重を考えますと、こと雪国のこの地では限界があります。
また風がよく通るよう、対面するように窓を設けられる部屋なんて皆さんのお宅ではいくつありますか? よほど細長い土地形状でなければ、あるいは櫛型の建物でなければどの部屋も対面 するように窓があることなど考えられません。風が通らなければ空気はどこかでよどんでしまいます。
 ではまず部屋単位での風通しを考えてみましょうか。部屋の四面 ある壁のうち、一面にしか窓を取れなかった場合、風をどう通しますか?
同じ面に窓を2つ付けてください。ひとつは通常よりやや低めに。もうひとつは天井いっぱいの高い位 置に。冬も夏も床面と天井面には若干の温度差があります。
その温度差が空気の圧力差に代わり空気は循環し始めます。
 入り口を引戸にして廊下等と一体に風を通す方法もあります。
引戸にできなければ先人の知恵、「欄間」という方法もあります。ドアの上で風を通 すわけです。
けれどこれらはあくまでも部屋単位の風通しです。
 私がお薦めするのは、もう少し大きく考えて、家全体をひとつの部屋と考え、 家全体の空気をどう動かすか考えてみてはいかがでしょうか?
 トイレとお風呂以外は家全体を開放でき、必要に応じて閉じることができる。
引戸も多用しなければなりません。生活する上で発生する音の問題もあります。
そんな問題を含みつつも、家の風通しは格段に良くなります。
そうすることによって物理的な風通しは比較的簡単に実現できます。
 しかし私が間取りを考える上でもっとも考えることは別の意味での風通 しです。
その別の風通しも本当の風が良く通る間取りであれば実現できるのです。
家族の中の風通し。その中でよどみを作ってはならないのです。
親と子、兄弟、隣の部屋にいるのかいないのかさえわからない。
ドア一枚閉めてしまえば部屋単位に独立してしまう、そんな密閉された、よどんだ間取りがお子様のためになるとお考えでしょうか?
 この話の中で、子供にだってプライバシーはあるからと反論を受けたこともあります。
そうでしょうか?
子供のプライバシーを優先させたがために空気も関係もよどんでしまう間取りが本当の意味で子供さんのためなのでしょうか?
 玄関を入ると誰にも会わずにまっすぐ自分の部屋まで行けるような動線。
廊下と部屋の間の一枚のドアを閉めてしまうと完全密室の子供部屋。鍵までついている。
それが今までの多くのお宅でした。 難しい年齢のお子様も持つお父さん、お子様の顔を見ない日がありませんか? 会話がまったくない日がありませんか?
どうか家族の空気をよどませないでください。

 震災以後、間取りを考えられる上で窓を小さく、壁を多く、耐震性、耐震性、 とそれが家のすべてかのようなご要望をお聞きします。
少し待ってください。家の二次的な要素の中で一番大切なのは耐震性です。
けれどそれはあくまで二次的要素であって一番根っこにあるものはその家が皆さんの安息の場になりえるかどうかです。
窓の極端に少ない、壁ばかりの個室が連続しているようなシェルターのような家で安息の砦になりえますか? 耐震性も断熱性もその性能はおそらく現在より5年後10年後の方が上でしょう。
様々な研究、開発を繰り返しますから。けれどそこに住まうのが人間である以上、絶対に変わらないもの、変わってはいけないものがあると信じています。
家はご家族を守るだけでなく記憶と空気を育むのだと。

地球に抗うことなく向き合いたい

以下余談です。年末のスマトラ島沖地震による津波の犠牲者が20万人を超えるそうです。
たった一つの地震で起きた津波によって20万人もの方々の命が一瞬にして奪われました。
地球はあの地震一発で南極〜北極方向の直径はごくわずかに増え、逆に赤道付近の直径はごくわずか減少したそうです。
また北極の地軸が東側へ2.5センチ傾いたことにより1日の長さが100万分の3秒短くなったそうです。あの地震以後7日間、地球全体はごくごく微動ながら震え続けたそうです。
その威力たるや想像もできません。 年末にNHK特集の「地球大進化」という番組を見ました。
地球はけっして母なる地球ではない、その時代を凌駕して頂点に君臨した生物を全滅させ続けているといった内容がショッキングでした。
中越地震の実体験、スマトラ島沖地震の映像や情報、そして「地球大進化」の内容を見て、地球にあらがうことなく、かといってこびもせず、向き合おうと思いました。
私は私のできることから、私のスタンスで。
 皆様にとって今年こそ平穏で、なにもない一年でありますように。
津波の映像を見ながら涙ぐむ自分を、すっかり涙もろくなったなあと思う本厄の年明けです(笑)。

トップへ 次へ